とくとく便は橋口社長を中心にまとまった運送会社です

とくとく便という徳島県内にある運送会社を知っているでしょうか。地元では水産物を素早くリーズナブルに、また確実に運送してくれる会社として、料理店やスーパーに重宝されている会社です。会社は平成17年に橋口永幸社長が設立し、平成19年には徳島の市場内に会社を移転しています。資本金は500万円で年商は30000万円となっており、ここ数年は業績を伸ばしていっています。

とくとく便の仕事内容を見るとその配送範囲が非常に広いことが特徴であり、会社の強みと感じられます。徳島の高知県境から鳴門北灘で取れた新鮮な水産物を集荷して載せて行って集約し、四国内はもちろん関西や九州、中国地方、果てには関東の中央市場や関連の施設まで配送しています。また水産物や生鮮物だけではなくて冷凍食品も配送していて、お客へのサービスを充実させています。そしてとくとく便は橋口社長が自身もドライバーなので、配送するための車にも非常にこだわっています。会社にある車は全16両で、大型冷凍車が1量、大型冷凍ウイングが8両、8トンの冷凍車が1両に、4トン冷凍車が4量、2トンの冷凍車が2両に軽車が1両というラインナップです。この規模の会社としては非常に充実したものになっており、そのとくとく便の配送機動力は橋口社長自慢のもととなっています。

今そのとくとく便がドライバーをしてくれる新しい仲間を求めています。橋口社長を中心に、とくとく便は社員14名が一致団結して働いているので、取引先からの評判もよく、配送先がどんどん増えて販路や発送先も拡大しています。そうすると遠くまで配送する必要が出てくるので、どうしても人手不足に陥ってしまいます。その解消のために積極的に新しいドライバーを採用して、会社を大きくしていきたいと橋口社長は考えています。中型と大型が運転できる運転手を求めているので、その免許を持っていることが条件となります。また冷凍水産物などは、どうしても重量がかさむので、それを持てるような体力のある人が必要とされています。体力や腕力に地震があれば十分に活躍できるでしょう。またとくとく便で一番重視しているのはその人が仕事に対するやる気があるかどうかです。やる気がある人ならば経験が少ない人でも、どんどん上達していけるものなので、橋口社長はやる気の有無を要見ています。待遇を見ると賃金は月給制で最高で30万円からもらえます。徳島県内の求人案件としては、中々の水準と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. ワールドフレンドシップコインはICO(仮想通貨)を利用して、さまざまな事業を展開しようとしています。…
  2. 騙す者騙される者、この両者のせめぎ合いは古代より人間社会にある宿命のような戦いかもしれませんが、理由…
  3. 岐阜 着物レンタルなら、ブライダル結衣がおすすめです。近年若い方にも人気の和装の結婚式の着物をはじめ…
ページ上部へ戻る