UTテクノロジーの会社概要、特徴とサービスの紹介

UTテクノロジーは、ソフトウェアやハードウェアの設計開発を行い、大手メーカーに技術を提供している会社です。大手メーカーが、半導体、自動車、通信機器や家電を製造する際、多くの部品設計が必要になるだけではなく、基幹となるソフトウェアやハードウエアの開発、設計が必須になります。そこでUTテクノロジーでは、大手メーカーの製品の開発に際して、開発プロジェクトに一緒に参加し、組込系や業務系ソフトウェアやハードウェアの設計と開発を行って、モノづくりに共に参画していくことをビジネスとしています。
大手メーカーとの契約は、請負や受託開発から人員の派遣などさまざまな契約の形があり、製品開発のプロジェクトごとにチームを組み、必要なハードウェアやハードウェアの開発を行っているので、常に最先端の技術力の開発が要求されます。
組込系ソフトウエアは、主に産業用の制御システムや監視システムで用いられ、人々が生活する中で用いられる家庭用機器や電子機器などの電子制御を必要とする機器にはなくてはならないソフトウェアです。現在ではデジタル家電の開発スピードが上がっておりそれに対応した組込系ソフトウェアの開発は常に最先端であることが求められますが、UTテクノロジーは新しく革新的な技術開発に努めており、質の高いものを提供することが可能になっています。また業務の効率化や自動化をはかるための業務系ソフトウェアやハードウェアの開発も、企業や施設の円滑な運営には必要不可欠なもので、大手メーカーとタッグを組んで適切で高品質な製品を提供しています。
大手メーカーは、自動車や半導体、その他エレクトロニクスの開発にとどまらずに、現在では環境・エネルギー、ICT、建設など多岐に渡る領域でハードウェアやソフトウェアの開発設計の委託や技術者派遣を求めています。そのニーズを充足する為に、メーカー、企業とタッグを組んで製品開発に挑んでいる会社です。

UTテクノロジーは、大手メーカーとタッグを組むことで、ハードウェアからソフトウエアの設計開発を始めとした、取引先に必要な高付加価値なサービスを提供しています。プロジェクトに参画する形態は、会社が中心となって進めるものから、メーカ側に人員を派遣するものまでさまざまですが、他社と協力し製造の工程を支えていることには変わりありません。そこで、他社のニーズを充足するための人間教育と社員育成にも力を注ぎ、魅力のある、必要な人材の確保に努めています。
UTテクノロジーでは、長年実績をあげてきたエンジニアが新人に直接指導を行い、現場で必要な知識を伝達しています。またスキルをアップするための資格支援制度も充実させ、企業に求められる人員の育成に力を入れています。
例えばUTグループ全社員を対象にキャリアアップを支援する「One UTプロジェクト」では、現在ついている業種が違っていても集中的なエンジニア等のトレーニングを受けることで社内の他の業種への移動を円滑にし、スキルをアップすることが可能です。また「スーパーマネージャースクール」という将来マネージャーレベルで活躍できる人材を育成するために、社長以下取締役までもが講義、教育にあたり、経営の在り方まで指導します。これによって社員が会社の理念から、果たすべき業務の必要性を包括的に理解することができるようになります。さらにマネージャーや執行役員などの重要な役職ポストを立候補者の中から決定する「エントリー制度」という業界初のシステムを導入することで、社員のモチベーションを常に高く保つことに努めています。
UTテクノロジーでは、プロジェクトに参加する人たちと相互に連携しながら仕事を進めていく人間力が求められますが、社内の人員育成に重点を置くことで円滑な仕事の遂行を成しているわけです。

UTテクノロジーは、大手メーカーに常に高付加価値の質の高いサービスを提供することを実践しています。過去に1000社以上の会社と取引をしてきた確かな実績がありますので、社内には設計開発のプロジェクトに参画してきた技術力の集積があります。
現在「インダストリー4.0」という新たな価値やビジネスモデルの創出が求められる、製造業の高度化が必要な時代にさしかかっています。多岐に渡るIT機器が相互に連携し合うことで、よりスマートで効率よくモノの製造を行うことを目的としていますが、UTテクノロジーではモノづくりの設計開発を、ソフトウエアレベルで行ってきた確かな実績があり、メーカーが行うさまざま開発プロジェクトにも遅れをとることなく、最先端の技術力をもって対応することが可能です。
自社で行う充実した社員の育成プロジェクトに加え、他社において豊富な経験やスキルをもつミドルエイジの社員を、自社もインターンシップ制度に参加してもらい、新たな受け入れ先に送り出すことでより高付加価値なサービスの提供をする「社会人インターンシップ制度」も導入しています。必要な人材を適所で効率よく投入しているだけではなく、出向先で転職することもありますので、雇用創出にも一役買い、業界そのものの発展にも寄与しています。
さらにUTテクノロジーは、UTグループという大きな企業集団に属している会社ですので、それらが互いに有機的に連携することから得られるスケールメリットを享受することが可能です。必要な仕事の分担を補完し合うだけではなく、会社に求められる設計、開発、研究、技術の新たな価値創造を可能にしています。

UTテクノロジー株式会社
http://www.ut-leading.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ヘアスタイルひとつで人の印象はがらりと変わります。しかし、自分がしたい形が必ずしもその人に似合うとは…
  2. 青梅 エステサロンの中でも、お客さんの悩みを解消できるコースが豊富なのがエステティックサロンクリスで…
  3. 秀光ビルドは最高の住まいを追求しています。常により良い住まいを提供することを目標としているのです。そ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る