森田繁吉が板前になった理由

板前と聞くととても厳しい職人の世界、というイメージを抱いてしまう方は多いことでしょう。事実、真の板前になるには何年もの修行に耐えなくてはいけないと言われていますし、誰もがなろうと思ってもなれるものではありません。しかし、森田繁吉はふとした動機ときっかけから板前という道に進んでしまいました。

■やんちゃな学生時代

学生時代の森田繁吉はとにかくやんちゃが大好きな少年で、いつも周りのオトナ達から叱られてばかりでした。ただ、学生時代というのはそうした元気いっぱいの生徒が人気を博すのも必然で、いつも彼の周りには沢山の生徒が集まっていたものです。
やんちゃとは言っても森田繁吉は決して乱暴者というわけではありませんでした。確かにケンカなどもしていましたが性根が優しい人物ですから、弱いモノイジメのようなことは一切していなかったのです。むしろ、弱気を助け強気を挫くを地で行く少年でもありました。

■賄い料理に惹かれて

森田繁吉は学生時代地元のレストランで皿洗いのアルバイトをしていました。そのお店では昼食時に何でも好きなメニューを半額で食べることができるうえに、賄いとして無料で美味しい料理が振る舞われることもあったのです。
一流のお店ならもっと美味しい賄いが食べられるかもしれない、とそう考えた森田繁吉は地元の日本料理店に就職します。そう、これこそ彼が板前という世界に飛び込む理由だったのです。きっかけこそ賄い飯目的でしたが、もともと職人仕事が合っていたようでどんどん彼は実力を伸ばしていきました。

■ツーリングが趣味

休日には毎回一人でツーリングに行くのが森田繁吉の唯一とも言える楽しみのようです。どこに行くかをあらかじめ決めておかず、その時行きたいと思った場所にバイクでツーリングするのが何とも楽しいのだと言っていました。
大抵は日帰りで終わることが多いようですが、時には宿泊してくることもあるようです。また、ホテルや旅館などに泊まらずに野宿や漫画喫茶のようなところに泊まることもあると言っていました。何も予定を立てないからこそ旅は面白いのだそうです。

森田繁吉が勤めている日本料理店は地元のグルメ誌などにもたびたび登場するような有名店ですが、今ではそのお店を代表するほどの板前となってしまいました。今は後輩の指導にもあたっているようですね。もちろん腕も一流で、板長の右腕のような存在になりつつあると言われています。これからもきっと美味しい料理を提供し続けてくれることでしょう。

■森田繁吉を支えた家族

森田繁吉は板前に向いていたとはいえ、やはりどの職業にも厳しいと思う時期があるのです。彼は何かに夢中になると自分のことは一切構わなくなる性分でした。そんな彼を支えたのが家族の存在です。彼は料理の勉強に明け暮れると昼も夜も忘れてしまうような人でした。そんな彼を家で温かく迎え、食事や入浴の用意をし、身体を壊さないようにと気をつけていたのがお母さんでした。お父さんは彼が何かに躓いてしまったときに話を聞き、アドバイスをしてくれました。このような両親の支えがあったからこそ、彼は板前として勉強に集中できたのです。
そんな彼は現在修行も落ち着いてきたので、親孝行にも精を出しているようです。休日には両親の為に腕によりをかけて料理を作ります。それだけではなく旅行にも連れて行って、一緒に美味しいご飯を食べたり観光地を巡ったりします。両親の喜んだ顔が何よりも嬉しいと彼は言っていました。
また、板前として修業中のときにお世話になったのは両親だけではありません。板前の先輩や友人など彼を支えてくれた人は多くいます。それは彼自身の人柄だけではなく、常に「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることを心掛けている彼の努力のたまものであると言えるでしょう。

有限会社ボーラカンパニー
http://bcew.jp/water/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 岐阜 着物レンタルなら、ブライダル結衣がおすすめです。近年若い方にも人気の和装の結婚式の着物をはじめ…
  2. 福生 リラクを行うリフレサロン縁は、身体の歪みを整える整体と心落ち着くリラクゼーションを提供しくれま…
  3. 泰楽整体院では、身体の中から美しくなることができる根本療法を活用しています。これは、内臓や神経系の調…

アーカイブ

ページ上部へ戻る