【時短Tips】フリーライター関根義光さんの仕事術

フリーライターは、自分の文章力のみで生計を立てる仕事です。ちょっとしたことで自分の収入がなくなるリスクがある職業ですが、事前準備にこだわることが必要だと考えられます。今回は、フリーライターの関根義光さんが考える、ライティングの事前準備術についてご紹介します。

事前準備にこだわるフリーライター
関根義光さんは、事前準備にこだわるフリーライター。クライアントから依頼された仕事は、必ず目を通したうえで業務に取り組みます。下ごしらえを行わないでスタートした仕事は、どこかでトラブルが生じてしまうものですが、彼はその準備に余念がありません。まず、徹底したヒアリングとリサーチを行い、実際の執筆作業に着手するのです。

顧客とのコミュニケーションの重要性
ライターは、クライアントの希望する表現を出力することが仕事です。一般企業の人からすると、文章で自分の会社のことを伝えるのは、意外と容易なものではありません。そのため、関根義光さんは、顧客とのコミュニケーションを重視し、すり合わせたうえで文章を書き上げていきます。

クライアントやスタッフの時間を優先
関根義光さんの仕事の哲学は、クライアントや手伝いをしてくれるスタッフなど、相手の時間を何よりも大切にすることです。相手が速く作業に入れるように準備することで、自分も相手も、精一杯時間を使えるようにします。相手の時間を最大限に使い、間違いない仕事を心掛けているのです。

現在、紙媒体でもWEB媒体でも、文章力が高く、丁寧な仕事を心掛けるライターの存在が求められています。そこで、関根義光さんのように質の高いライターの存在は、多くのクライアントから好まれるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 英語を嫌いになってしまう人の多くは、理解できないから嫌いになってしまうのです。一度嫌いになってしまっ…
  2. 徳永祐助は2005年に個人のデザイン事務所を設立して、いろいろな空間のデザインを提案しています。一般…
  3. 庭野仁司は、年齢が今年で20歳の熊本市出身の独身男性です。血液型はA型で、細かいことにかなりこだわり…

アーカイブ

ページ上部へ戻る