お客さんと神谷優太

神谷優太は、新進気鋭の経営者です。彼は、店を大きくすることを夢見ています。彼にとって、ワインとは一種の飾りであり、道具とも言えます。この飲み物にかける情熱は、他の食べ物の比ではありません。実際、彼がワインを注ぐと、お客様から歓声が飛ぶそうです。「モダンなお店なので、お店の雰囲気に合わせていれば問題ない」と口コミもあり、若いお客様が多く訪れるそうです。テーブルワインは値段も安いため、多くのお客様が注文されます。スタッフのレベルも高く、お店経営は順調に進んでいるそうです。

神谷優太のフットワークは軽く、いつも積極的に行動しています。彼の足さばきは、学生時代のサッカーで身に付いたものです。彼は毎日のようにフットワークをこなしており、彼の人生のほとんどは運動時間です。例外として、彼は病気の時は、一切の行動を休みます。彼は体調がすぐれない時は、家でハーブティーを飲み、体力回復に勤めています。飲食店のオーナーとして、お客様にご迷惑をおかけすることは、許されない事だと考えているからです。最近では、足つぼマッサージにハマっているそうです。神谷優太は、常に運動を心がけており、体型維持も同様だそうです。

今まで人生を満喫してきた彼が、ワインバル経営を始めたのは、恋人との別れが理由です。彼の恋人はとても美人で、多くの人が彼女に声をかけていました。そんな彼女とであったのは、ただの偶然です。彼女は彼と恋に落ちましたが、すぐに別れてしまいました。そのあと、彼は傷心を癒すべく、様々な取り組みに挑戦し、今に至ります。彼女は他の男性と結婚し、彼は今も独身です。そろそろ結婚したいそうです。

自らのうつろ気な思いに身を委ねること、これが、神谷優太の心得です。自分の思いを素直に口に出し、自分の思いを相手に分かってもらう。このトレーニングを繰り返すことで、彼は実力を身につけたそうです。お客さんの多くは、心にわだかまりを抱えているため、その解消が必要だと考えているそうです。彼はお客さんに会うことで、彼らの深層心理をつかみ、彼らの悩みを解決する手助けをされているとか。経営者としてよりも、バーテンダーとして、彼は今も働き続けています。

神谷優太は、お客さんとの仲が良いです。中が良い人との付き合いは、彼にとっては無礼講です。しかし、お客さんに対しては、あくまで礼儀正しく接するそうです。自分が田舎出身という事は、誰にも話さない秘密なんだとか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助は2005年に個人のデザイン事務所を設立して、いろいろな空間のデザインを提案しています。一般…
  2. 庭野仁司は、年齢が今年で20歳の熊本市出身の独身男性です。血液型はA型で、細かいことにかなりこだわり…
  3. 企業城下町と有名なこちらの都市には、全国的に有名な鉄鋼を扱う工場があります。こちらの町では、多くの人…

アーカイブ

ページ上部へ戻る