バス釣りがしたくなる!矢口敏和さんの解説動画がスゴイ

釣り人口は1990年代をピークに減少傾向にあると言いますが、今でも700万人以上はスポーツフィッシングを楽しんでいます。その中でも、バスフィッシングの人気は依然として衰えることはありません。そこで、「バス釣りhacker〜課長・矢口敏和が教える河口湖バスフィッシング攻略〜」で話題の矢口敏和さんについてご紹介します。

バスフィッシングが大好きな30代男性
まず、チャンネルが話題になったきっかけですが、矢口敏和さんは動画投稿サイト上で自身の釣果を投稿し続けていました。初めのうちは、写真を編集して解説を載せていただけのようですが、視聴者数が増加するにつれて動画のクオリティを意識するようになったようです。

しばらく動画投稿を続けていくと、また徐々に動画視聴者が増え、今度は「初心者でもわかりやすい動画にしてほしい」という要望が増えました。その結果、矢口さんは初心者が見落としがちなポイントから解説を始めると、視聴者からは賞賛の声がさらに増加。一躍、話題のチャンネルへと変わりました。

河口湖の難しさは上級者でも経験が必要だと言われています。
河口湖は、東京都心部からおよそ2時間で到着するバスフィッシングのメッカです。矢口敏和さんも河口湖を主戦場としています。週末は難易度の高いバスフィッシングスポットになるため、「上級者でも簡単に釣れる場所ではない」と言われるほど、大物釣りが大変です。しかし、30年近く河口湖でバスフィッシングを続けている矢口さんにかかれば、経験で乗り切れるものだと言います。

そこで、今の矢口敏和さんがメインテーマとしていることは、いかにして河口湖で大物釣りができるかという点を分かりやすく解説することです。さらに、初心者でも簡単に釣れるようなコツを教え、釣り人口を増やしたいと考えているそうです。

矢口さんは30代中盤になって、「自分の経験を誰かに伝えたいと思った」と話しています。バスフィッシング大会で好成績を収め続けてきた結果、それを後世に伝える方法として動画を選択したそうです。現在、10,000人以上がチャンネル登録をしているので、彼の目標は達成されているかもしれません。

「バス釣りhacker〜課長・矢口敏和が教える河口湖バスフィッシング攻略〜」は、とても面白い動画が揃っています。釣り好きの間ではもちろん、初めて釣りをする人も、「もしかしたら、スゴイ面白いものが釣れるかも?」とワクワクするはずです。ぜひ、一度動画を見てみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ヘアスタイルひとつで人の印象はがらりと変わります。しかし、自分がしたい形が必ずしもその人に似合うとは…
  2. 青梅 エステサロンの中でも、お客さんの悩みを解消できるコースが豊富なのがエステティックサロンクリスで…
  3. 秀光ビルドは最高の住まいを追求しています。常により良い住まいを提供することを目標としているのです。そ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る