後藤正好の生い立ち

後藤正好は周りからエリートだと思われがちですが、本人はそれほど自分がエリートだとは思っていません。しかし東京大学を卒業し、自分で会社を設立して何不自由なく生活をしているので、多くの人は彼が誰もが羨む幸せな生活を送っているのだと思っていました。しかし、彼は自分が今この立場でいられるのは、どんなときでも努力をしてきたからだと自負しています。彼は決して裕福な家庭で育ったわけではなく、田舎で普通の家庭に育ったのです。田舎では都会よりも限られていることが多かったのですが、彼はそこで腐ることはなく、朝から深夜まで勉強をし続けて熊本県で一番の進学校に入学することができました。そこで満足してしまう人も多くいるのですが、さらに高みを目指すために東京大学を目指すことにしました。

後藤正好は高校1年生のころから、どのよう勉強をすれば東京大学に入ることができるかを真剣に考えて東京大学に入るための勉強してきました。学校の成績も維持しながら、さらに大学受験のための勉強をしてきたからこそ万全の体制で大学受験に望むことができたのです。東京での生活は始めてのことだらけでしたが、様々な刺激があって大学生活をエンジョイすることができました。就職活動をする時期になると、周りの友達は一生懸命に就職活動をしていましたが、彼には若いうちにもっとやっておかなければならないと思うことがあったので、就職活動はしないで海外に放浪の旅に出ることにしました。就職活動をしないかわりに夜も昼もなく必死になってバイトをして貯めたお金で、何カ国もの国を旅して回ました。今までの人生では熊本と東京でしか過ごしたことが無かったので、狭いところしか見えていなかったと気づくことができたと言います。初めて行った海外での旅行では様々な体験をすることができました。

そのときに経験したことが、その後の人生に大いに役立つとは、まだこのときには想像もしていなかったでしょう。彼は日本に帰国後、先輩の勧めもあって地元の熊本で証券会社を立ち上げたのです。最初はうまくいかないことのほうが多く苦労をすることもありましたが、株式投資の黎明期だったということもあって、熊本で成功を収めることができたことが一番嬉しかったと彼は語ります。このように後藤正好は才能だけではなく、いつも努力を怠らず自分のやり方で前進し続けた男なのです。だからこそ後藤正好の人生には、ストーリー性があって、とても深みがある素晴らしいものになっているのです。後藤正好は常に努力をしてきたからこそ、今の生活があって、今までの人生は波乱万丈だったものの、決して後悔することのない人生だったと思っています。彼は60代になりましたが、これからもまだまだ元気で人生を楽しみたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が今年で20歳の熊本市出身の独身男性です。血液型はA型で、細かいことにかなりこだわり…
  2. 企業城下町と有名なこちらの都市には、全国的に有名な鉄鋼を扱う工場があります。こちらの町では、多くの人…
  3. 村瀬孝司は現在40歳。普通に会社員をしており、特に役員をしているというわけではありません。本当に普通…

アーカイブ

ページ上部へ戻る