八ツ田和夫の生活

彼は朝御飯のこだわりが強いです。

八ツ田和夫は朝御飯に強いこだわりを持っています。
日本人だから、朝御飯は必ず白米を食べることにしています。もちろん、おかずは和食です。
そのために朝早く起きてご飯の支度をしています。
八ツ田和夫はまず、白米を炊き、鮭を焼きながらお味噌汁を作り始めます。お味噌汁の具材は玉ねぎとじゃがいもを入れるのが八ツ田和夫のこだわりのひとつです。
鮭とお味噌汁ができたら次はだし巻き玉子です。卵を二つ割り溶きながらめんつゆを少し加えます。そして、フライパンに卵を流し込み弱火でじっくり焼くのが彼の焼き方です。
熱々のだし巻き玉子が出来上がったらご飯の支度は終わりで食卓につきます。
そこから八ツ田和夫は一時間かけて朝御飯を食べます。ゆっくりとお味噌汁をすすり、鮭に箸を入れ身をほぐします。
ほぐした鮭を口に含み、白米を口に入れて30回噛みます。そのあとだし巻き玉子を一切れ口に含みめんつゆの風味を楽しみます。
この食べ方を繰り返し一時間をかけて食べていきます。最後にしっかり鮭の皮まで食べきります。
食べ終わったら、お湯を沸かします。沸かしたお湯でほうじ茶を入れ少し冷ましてから一気に飲みきります。
それが彼の朝御飯の強いこだわりです。

趣味は物を作ることです。

八ツ田和夫は物を作るのが大好きです。
例えば、折り紙。定番な折り鶴から難易度が高い薔薇など、器用な手先を活かして黙々と折ったりしています。
手先を使うことは脳が活性化されていくそうです。
他にもバーナーワークは得意中の得意です。硝子をバーナーで溶かして作るトンボ玉を休日に作っています。
夏はバーナーで部屋が暑くなるため秋から春先にかけて作っています。
八ツ田和夫はさらに、手芸が得意です。破れた物を縫ったり、レザーを買ってきてお財布まで自分で作るのです。
八ツ田和夫が物を作る理由は、友人にあげると喜ばれるからです。
彼はただ単に作っているのではなく、友人がほしいと思うものを作っているのです。
例え、自分がつくったことがないものでも友人のために作り方を調べて作ってしまうのです。
友人たちも欲しいものを作ってくれる八ツ田和夫を尊敬しています。
彼は、趣味で作ったものだからとお金も貰わないのです。
あげたものを喜んでくれる、ありがとうと笑ってくれる事が彼にとって一番嬉しいことのようです。
友人が喜んでくれることを想像して物を作る、喜んでくれるから物を作り続けるのです。
物をこれからも作り続けることが彼の生き甲斐で趣味のようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 岐阜 着物レンタルなら、ブライダル結衣がおすすめです。近年若い方にも人気の和装の結婚式の着物をはじめ…
  2. 福生 リラクを行うリフレサロン縁は、身体の歪みを整える整体と心落ち着くリラクゼーションを提供しくれま…
  3. 泰楽整体院では、身体の中から美しくなることができる根本療法を活用しています。これは、内臓や神経系の調…

アーカイブ

ページ上部へ戻る