「再生可能エネルギー」と「スマート化」について/下田穣

下田穣は、人材派遣会社、不動産コンサルティング会社で営業やコンサルティングを経て、太陽光発電や風力発電を活用してクリーンエネルギーに関するコンサルティングをおこなうリベラルソリューション株式会社を設立しました。

そんな下田穣が現在着目していることが、「再生可能エネルギー」と「スマート化」です。再生可能エネルギーというのは、太陽光や風力、水力といった自然のチカラを利用して生み出されるエネルギーのことです。これらのエネルギーは、有事の際にインフラが崩壊しても単独で稼働するという大きなメリットもあります。

もう1つのスマート化というのは、エネルギーの供給量を管理して調整するという高度な技術のことをいいます。エネルギーは限度がありますし、無駄なく効果的に使用をするということが不可欠です。エネルギーを無駄なく、賢く使うために必要な仕組みがスマート化で、町全体をスマート化させることができれば、住宅などに設置されている太陽光発電の発電量や消費量、そして提供可能な電力量の把握ができるようになります。

こうすることで、街を安定稼働させることができるようになり、メリットが大きいと考えています。被災している地域内で電力を発電、有効活用すると、非常に便利になります。再生可能エネルギーとスマート化は、大事なエネルギーを管理・調整できる素晴らしい技術です。これらはとても難しい取り組みにみえますが、実はすでに始まっている技術でもあります。

いつから始まっていたのかというと、東日本大震災翌年の2012年からです。東日本大震災で最も被害が大きかった石巻の小学校では、既に導入されています。多くの学校でこの取り組みが行われており、今後は公共施設や病院といった施設でも、再生可能エネルギーとスマート化の取り組みがどんどん進んでいくと言われています。下田穣は、これらの事例から自然エネルギーの分野に着目し、自身が代表を務めるリベラルソリューション株式会社で太陽光発電システムやオール電化製品などの提案を積極的に行っていくようになりました。
被災地を救うこの新しい取り組みが、重要なものになると言えるのではないでしょうか。

被災地を救う、再生可能エネルギーとスマート化/下田穣
http://news.goo.ne.jp/article/biztimes/business/biztimes-20121220-01.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ヘアスタイルひとつで人の印象はがらりと変わります。しかし、自分がしたい形が必ずしもその人に似合うとは…
  2. 青梅 エステサロンの中でも、お客さんの悩みを解消できるコースが豊富なのがエステティックサロンクリスで…
  3. 秀光ビルドは最高の住まいを追求しています。常により良い住まいを提供することを目標としているのです。そ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る