店舗デザイン 東京のバー

東京でバーを開業する場合、お酒を出す以外に付加価値が必要です。
たとえば、ジャズの生演奏が聴けるバーであるとか、ダーツやビリヤードが楽しめるバーとか、どのようなバーを経営したいのかコンセプトを考えましょう。

お酒の種類も、日本酒やビール中心に提供するのか、カクテルを出したいのか、ワイン専門店を開くということも考えられます。
自分の好きなお酒か、興味のあるお酒の種類を集めるといいかもしれません。
お酒を飲める場所には、レストランや居酒屋などがあり、ほかに中華料理店や定食屋といった飲食店でもアルコールを出しているので、おのずとライバルが多くなります。

店舗デザイン 東京ウエムラデザインスタジオでは、コンセプトから共に考え、開業資金の集め方とか、どんな工夫をすれば出したいバーが繁盛するかについてご提案をします。

ウエムラデザインスタジオ
http://www.uemura-design.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、多くの企業はサービスを提供しており、サービス就業人口が増加しています。そして顧客にサービスを提…
  2. 1.エネルギーマネジメント人材の確保2.節電・省エネソリューションの普及1.エネルギーマネジメント人…
  3. ワールドフレンドシップコインはICO(仮想通貨)を利用して、さまざまな事業を展開しようとしています。…
ページ上部へ戻る